生青汁の原材料の『ケール』ってどんなもの?ケールの効果とは

生青汁原料ケール

生青汁はお酒との相性が良い青汁と言われているのは、水と混ぜて飲むとクセがあるからなんです。

この原因は原材料のケールです。ケールは栄養価が高く様々な効果が期待できますが、クセがあります。

そこで今回は、生青汁の原材料のひとつであるケールについて調べました。

生青汁にはケールが使われている

生青汁ケール

ケールとは

ケール(英語: Kale, Borecole、学名:Brassica oleracea var. acephala)はアブラナ科の野菜。和名はリョクヨウカンラン(緑葉甘藍)、ハゴロモカンラン(羽衣甘藍)。

地中海沿岸が原産でキャベツの原種のヤセイカンラン B. oleracea に近く、温暖な気候であれば一年中栽培可能で収穫量も多い。キャベツとは違い、結球しない。栄養に富み、ビタミンの含有量は緑黄色野菜の中でも多く、青汁の材料として利用される。

ケールを含むアブラナ科の植物は、S-メチルシステインスルフォキシド (S-methylcysteine sulfoxide) を含み、反芻動物の腸内での化学反応の結果、ジメチルジスルフィド (dimethyl disulfide) へと変化し、牛や羊などでは溶血性貧血を起こす。

また、緑内障予防の効果が指摘されている。

1990年、メキャベツとの交配により結球しない品種が静岡県で開発され、プチヴェールの名で販売されている。

引用: wikipedia

ケールとは、アブラナ科の植物で、キャベツやブロッコリーの原種です。

栄養価が高く、ビタミンも豊富に含まれていて、青汁の材料に良く使われています。

そして、ケールは、なんと直黄色野菜の王様とも言われています。

ケールの効果

ケールには多くの健康効果が期待できます。

  • 免疫力を高める効果
  • 美肌効果
  • アンチエイジング効果
  • 便秘改善
  • 目の健康に良い効果
  • 睡眠に良い効果

このような様々な効果が期待できます。

ケールの懸念

ケールは健康的にもとても良いのですが、懸念すべきこともあります。

それは、青臭いということです。

独特の青臭さでクセが強く、食用にあまり向いていません。

青汁が苦くて渋くてマズイというのは、このケールの印象が強いからでしょう。

ケール入りの青汁はだいたい味にクセがあります。

生青汁のケールは

生青汁に使われているケールは、国産で農薬を使っていないので、安心できます。

お酒と一緒に飲むのがおすすめ

生青汁おすすめ飲み方

いかがでしょうか?

ケールというものがどんなものなのか、分かっていただけたのではないかと思います。

水と混ぜるとケールの青臭さで、飲めないと言う人も多いかもしれません。

でも、アルコールと一緒に飲めば、青臭さが和らぎますから、ゴクゴク飲めるでしょう。

麦焼酎と混ぜて、生青汁ハイとして飲んでみるのも良いかもしれませんね。

こちらで生青汁のおすすめの飲み方(生青汁とアルコールのおすすめレシピ)を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


生青汁は こんな人におすすめ

  • ホームパーティーで『生青汁カクテル』を振舞ってみたい
  • お酒が大好きで毎晩飲んでいる
  • 青汁を習慣化させるのに苦労している
  • 口臭が気になっている
  • 腸の働きが弱っている気がする
  • 疲れがたまりやすく眠りが浅い
  • 乳酸菌や酵素入りの青汁を探している
  • 野菜不足が気になっている
  • コストパフォーマンスが良い青汁が良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です