酒飲みなら要チェック!生青汁のおすすめな飲み方とは

生青汁おすすめ飲み方

生青汁は、お酒との相性が良い青汁として、販売実績500万杯を超える人気の青汁です。

お酒との相性が良いというけど、どういう飲み方が良いのでしょうか?

そこで、今回は生青汁のおすすめな飲み方をまとめました。

生青汁とアルコールのおすすめレシピ

生青汁とアルコールのおすすめレシピ
  • 青汁ハイ 生青汁1包 麦焼酎45ml
  • 生青汁モヒート 生青汁1包 ラム30ml ソーダ適量 シロップ5ml ライム1/2個
  • 生青汁ホッパー 生青汁1包 ウォッカ45ml ミルク45ml
  • 生青汁ドック 生青汁1包 ウォッカ45ml レモン適量 ソルト適量
  • 生青汁ビール 生青汁グラス1/3 ビールグラス2/3
  • 生青汁焼酎ハイボール 生青汁1包 麦焼酎45ml レモン適量 ソーダ適量 ステア適量
  • 生青汁ハイボール 生青汁1包 ウィスキー45ml レモン適量 ソーダ適量 ステア適量
  • グリーンアップルクイーン 生青汁1包 ホワイトラム30ml アップル適量 レモン適量

これらのメニューがとてもアルコールと相性が良いとのことで、都内の700店舗以上のバーなどでも、実際にこのように生青汁が使われているようです。

これなら自宅のホームパーティとかで振舞ったりすることもできますね!

青汁がおいしく摂取できる方法として紹介されています。ぜひ一度試してみてください。

生青汁のおすすめの飲み方

生青汁商品

株式会社MHMにおすすめの飲み方も教えていただきました。

わたし
生青汁はお酒との相性が良いということですが、どのような飲み方が良いのでしょうか?

普通に飲む方法や、お酒との飲み方などアドバイスいただけませんか?

会社の人
生青汁は、お酒に混ぜて飲んでいただくのもおすすめですが、もちろんお水に混ぜていただく飲み方もおすすめです。

水の目安は150mlぐらいで、毎日飲み続けると、身体の状態も良くなっていくと思います。

お酒との飲み方は、サイトに記載させていただいているように、焼酎と45mlと生青汁の粉末1包とお水150mlを混ぜていただければ、生青汁ハイとしておいしくお飲みいただけると思います。

ワンポイントアドバイスは、生青汁には乳酸菌や酵素をたくさん配合しておりますが、特に酵素は熱に弱いですから、常温のお水と混ぜていただいた方が、栄養をしっかり吸収できますので、覚えておいていただけれと思います。

わたし
なるほど。確かに酵素は熱に弱いですもんね。

じゃさっそく、青汁ハイとか作って飲んでみたいと思います。

ということで、わたしも生青汁ハイを飲んでみました。

生青汁ハイ

正直、普通の『緑茶ハイ』でした。

青汁の青臭さをあまり感じさせることなく飲めますね。

生青汁とアルコールのおすすめレシピで紹介している通り、簡単にカクテルも作れちゃうので、ホームパーティとかで振舞えちゃいますね。

女子会や、鍋パーティとかにも使えそうです。

生青汁は楽しみながら飲んで欲しい

MHMの想い

普段のお酒に生青汁をプラスしてしっかりと栄養を摂って貰いたい。

健康が気になるから、とお酒の量を減らしたり食事や生活習慣を見直そうと思う方は多いと思います。
そんな方に、お酒を美味しく飲みながらでもしっかりと栄養を摂って健康になってもらいたい。

そう考えたわたしたちは、何度も試行錯誤してお酒に合う美味しい青汁を開発いたしました。
当然、美味しいだけではなく効果も実感していただくために、一般に販売されている青汁とは製法の異なる非加熱製法を利用して、青汁に「生きた酵素」と「生きた乳酸菌」を配合。

大好きなころを我慢することなく、楽しみながら栄養を摂って健康的な生活を維持していただきたく思います。

わたし
青汁ってマズイし、飲み続けるのって大変そうですよね。

生青汁は飲み続けられますかね?

会社の人
いえいえ!青汁は楽しみながら飲んでください。

生青汁はお酒と美味しく飲みながら、しっかりと栄養を摂っていただきたいと思って開発しています。

話を聞いているだけで、『生青汁』が飲みたくなってしまいますよね。

本当におすすめの青汁です。


生青汁は こんな人におすすめ

  • ホームパーティーで『生青汁カクテル』を振舞ってみたい
  • お酒が大好きで毎晩飲んでいる
  • 青汁を習慣化させるのに苦労している
  • 口臭が気になっている
  • 腸の働きが弱っている気がする
  • 疲れがたまりやすく眠りが浅い
  • 乳酸菌や酵素入りの青汁を探している
  • 野菜不足が気になっている
  • コストパフォーマンスが良い青汁が良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です