生青汁の201億3000万個の乳酸菌のパワーとは

生青汁には、201億3000万個の乳酸菌が入っています。

どんな乳酸菌が入っているのでしょうか?

ちょっと気になりましたので、今回は、生青汁の乳酸菌についてまとめました。

生青汁の乳酸菌

生青汁の乳酸菌

乳酸菌EC-12(死菌)

生青汁には、EC-12(死菌)が201億個も入っています。

EC-12は、正式にはエンテロコッカス・フェカリス菌というもので、死んでいても腸に届くと効果を発揮します。

ヒト由来の乳酸菌サプリメントとしても販売されているぐらいのもので、腸内環境を整える効果や、免疫力を高める効果が期待できます。

死んでいる菌なのに、効果があるのか気になったのですが、これはEC-12が、耐熱性に優れ品質が安定していることで、死んでいても生きている乳酸菌より効果的に働いていることが認められています。

また、EC-12は、生きた乳酸菌よりサイズが小さく、腸で吸収されたり、善玉菌のエサとなって善玉菌の数を増やすという特徴があります。

活性乳酸菌(生菌)

生青汁には、活性乳酸菌(生菌)が3000万個も入っています。

活性乳酸菌は、通常の乳酸菌とは異なり、熱や酸に強く、生きたまま腸に届く乳酸菌として知られ、善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。

EC-12とは異なった働きをし、生きたまま腸に届き善玉菌の増殖に貢献してくれます。

生青汁の乳酸菌に期待できる効果

  • 腸内環境を整える効果
  • 便秘改善
  • 免疫力強化する効果
  • 花粉症のアレルギーを抑える効果
  • 肌荒れ改善
  • アトピー皮膚炎の改善
  • 高血圧の予防
  • 糖尿病の予防

生青汁の乳酸菌の働きによって、このような効果が見込めます。

野菜不足が気になって青汁をはじめる人が多いようですが、生青汁は野菜不足を補いながら、201億3000万個の乳酸菌で腸内環境を整えたりしてくれるのですね。

生きている乳酸菌を摂取しよう

成分徹底分析

いかがでしょうか?

生青汁の201億3000万個の乳酸菌のパワーが、どんなものなのか、分かっていただけたのではないかと思います。

腸内環境を整えるのにとても良さそうですね。

MHMの想い

普段のお酒に生青汁をプラスしてしっかりと栄養を摂って貰いたい。

健康が気になるから、とお酒の量を減らしたり食事や生活習慣を見直そうと思う方は多いと思います。
そんな方に、お酒を美味しく飲みながらでもしっかりと栄養を摂って健康になってもらいたい。

そう考えたわたしたちは、何度も試行錯誤してお酒に合う美味しい青汁を開発いたしました。
当然、美味しいだけではなく効果も実感していただくために、一般に販売されている青汁とは製法の異なる非加熱製法を利用して、青汁に「生きた酵素」と「生きた乳酸菌」を配合。

大好きなころを我慢することなく、楽しみながら栄養を摂って健康的な生活を維持していただきたく思います。

生青汁は、身体に良いだけではなく、楽しみながら飲めるように、すごく考え抜かれた青汁なんですよね。

本当に飲んでみたくなりますね。


生青汁は こんな人におすすめ

  • ホームパーティーで『生青汁カクテル』を振舞ってみたい
  • お酒が大好きで毎晩飲んでいる
  • 青汁を習慣化させるのに苦労している
  • 口臭が気になっている
  • 腸の働きが弱っている気がする
  • 疲れがたまりやすく眠りが浅い
  • 乳酸菌や酵素入りの青汁を探している
  • 野菜不足が気になっている
  • コストパフォーマンスが良い青汁が良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です